{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

未来につなげるしおの道

1,320円

送料についてはこちら

しお、潮、塩、shio、シオ・・・ 大潮、小潮、血潮、 山塩、藻塩、ひしお、 ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、亜鉛、 親潮、満ち潮、黒潮、引き潮、 潮の道、塩の道、しおのみち、おのみち、尾乃道。 海流、海道、けもの道。 未知なる未知をゆき、薪を運び、塩を炊く人たち。 薪を運ぶ馬、塩を運ぶ牛、人、舟、川、わだち。 薪を持ちて川をくだる者と、塩を持ちて川をのぼる者の交差するコミュニティ、 カルチャー、経済、なつかしくて新しい交換と交易の、ローカルでグローバルな人間模様。 つれづれなるままに書き綴り続けていたら、三十三の随筆のような小話のような篇が産まれたので、文庫本サイズに編んでみました。 しおにまつわるもろもろのエトセトラ(歴史、塩炊きメモ、イベント情報など)も、このホームページの中で、随時シェアしていきたいと思います。 まずは本を、手にとって、ゆっくりお読みいただけたら幸いです。   冨貴書房 冨田貴史 拝 『未来につなげるしおの道』 目次: P8 マザーツリー Mother Tree P13 森の中で聞いた言葉 A voice in a forest P16 物語るということ About storytelling P19 地球の海水と、子宮の羊水 CHIKYU WATER and SHIKYU WATER P23 おばあさんとおじいさんの山暮らし Mountain life of Granma and Granpa P36 おばあさん、森に入る Grandma goes into the deep forest P42 塩炊きと老人 An old man and Shiotaki P57 潮の道と塩の道 Sea road and Shio road P66 おじいさん、川を下る An old man goes down a river P73 山小屋で駄弁る Talking nonsense in a mountain hut P83 海と暮らす Life with ocean P89 川のほとりのローカル経済 Local economy by a river P96 川のほとりのシェアハウス A share house by a river P100 川のほとりのローカル・メディア Local media by the river P107 縁側を囲む手仕事 Handwork surrounding Engawa P118 みそバー、みそスタンド、みそナイト MIso bar, Miso stand, Miso night P122 懐かしくて新しい、暮らしのライブラリー Nostalgic new living libraries P126 長い夢 A long dream P144 ホモサピエンスは弱い Homo sapiens is weak P147 サバイブするなら、丹精手作り鉄火味噌 Making Tekkamiso to survive P154 鉄火味噌を始める Starting Tekkamiso P162 鉄火味噌にまつわる回想 Remembering Tekkamiso P169 刺青の男と祈り Tatooed-men and Pray P181 ワカは水 WACCA is WATER P185 鉄火味噌とトーキングサークル Talking circle around Tekkamiso P197 塩炊きを始めた頃の覚え書き Memo about Starting Shiotaki P210 その海水は安全ですか? Is the sea water safe ? P223 塩炊きに老人現る Here comes an old man to Shiotaki P227 塩釜を囲んでトーキングサークル Talking circle around Shiogama P242 塩釜の前でうたた寝 A nap in front of Shiogama P250 塩釜の前で空想 Daydreaming in front of Shiogama P256 塩釜の前で夢を見る Fantasizing in front of Shiogama P258 友と潮風 Hood and breeze 文庫版 272ページ 第一版第一刷 2023年12月22日 和暦 霜月十日 冬至 著者:冨田貴史 編集:潮野満朗(尾道民藝ラボ) 編集協力:吉川リラ、須賀 和、百都真希子 装幀:川邊 雄 装画:松田葉朗(HARO WORKS) 資料提供:只見町山塩記念館(福島県南会津郡)、渡部康人(奥会津博物館) 印刷製本:グラフィック カバー印刷:レトロ印刷JAM 発行:冨貴書房 ISBN978-4-9913362-0-1 C0193 著者プロフィール: 冨田貴史 https://takafumitomita.net/ 1976年千葉生まれ。明治大学経営学部卒業。ソニーミュー ジック勤務後、フリーランスで原発や暦をテーマにしたイベントやワークショップを全国で行う。2011年の原発事故後は、保養キャンプなどの活動を続けながら、養生のための作業所 「冨貴工房」を立ち上げて味噌作りや草木染めを行っている。 2018年に自主出版のための「冨貴書房」を立ち上げ、執筆と編集を中心とした活動を続けている。 <お取り扱い店を募集しています> 冨貴書房からリリースされた全アイテムの中からの組み合わせ(混載)で、合計5冊以上オーダーを頂くと、割引価格で仕入れていただけます。 『未来につなげるしおの道』 希望小売価格 1320円 卸値(他アイテムと混載可) 5冊以上= 990円/冊 10冊以上= 880円/冊  30冊以上= 770円/冊 (※1冊ごとのご購入は、各取り扱い店からお願いします) 『未来につなげるしおの道』を5冊以上仕入れてくださった方に【特典資料:今につながるしおの道〜奥会津編〜】を寄贈します。 詳しくは、以下の「冨貴書房取扱店専用オーダーフォーム」をご覧ください。 ※手作りによる製本のため、お届けには少々お時間を頂きます。ご了承ください。 ※一冊ごとのお求めを希望される方は、各取り扱い店からご購入ください。 「冨貴書房取扱店専用オーダーフォーム」 https://forms.gle/oaYaeio8gtWt1wfY9

セール中のアイテム